「ビロード」(マンドリン&チェンバロナイト#10)2010/02/08 19:42

マンドリンの石渕聡さんとチェンバロの広沢麻美さんのデュオ
による演奏会に行って来ました。

石渕さんは、
TMO(母校のマンドリン部をこう呼んでいます)の先輩です。

会場となった自由学園明日館講堂は、
こじんまりとしてとても風情があり、
アットホームな演奏会の演出に貢献していました。

会場に入り着席すると、
セッティングされている譜面台やチェンバロが目に入ってきました。
まず人目を引くのが、チェンバロに描かれている絵柄でした。

そして、譜面台にのっているスケッチブック。
これはTMOでもよく譜面を貼るのにつかっているものと同じもので、
なんとなく嬉しい気持ちになりました。

簡単なあいさつがあり、オープニングの曲が演奏されました。
これは、The Roseという曲で、何かの映画で流れていたものです。
いきなりこの曲を聴きながら泣けてきてしまいました。

以下、どの曲も雰囲気のある素敵な曲でしたが、
特に印象に残ったのは、オープニングの次に演奏した、GYUDON。
曲自体もよかったし、チェンバロの用い方に工夫がされていてよかったです。
技術的なことで言うと、いくつかの曲で使われていたのですが、
ボトルネックを用いてエレキギターのチョーキングを模した奏法が素晴らしかったですね。
それからなんと言ってもアンコールの、ハンガリー民謡の「草原」。
こんなふうにこの曲を聴かせてくれる人って、他にいません。

で、感想を一言でまとめると、温かい気持ちになって帰ってきたということでしょうか。

石渕さんとチェンバロの広沢さん、性格的に好対照なお2人ですが、
音楽の方向性がマッチしていて、とてもいいコンビだと感じました。
ステージでのお2人のやりとりも好感がもてました。

また次の機会を楽しみにしています。
また、お2人の今後のご活躍を期待しています。

西本智実指揮ラトビア国立交響楽団2010/01/25 20:11

先週の金曜日、高崎の群馬音楽センターで西本智実指揮・ラトビア国立交響楽団の演奏会を聴いてきました。
曲目は、オールチャイコフスキープログラムで、「ロミオとジュリエット」、ヴァイオリンコンチェルト、交響曲第4番でした。
西本さんのファンなので、1万2千円のプラチナ席をとり、5列目で聴きました。
間近で見る西本さんの颯爽とした身のこなしと的確なタクトさばきが素敵でした。

前プロである「ロミオとジュリエット」からいきなり興奮が高まり、感激してしまいました。
この曲は西本さんがブダペスト交響楽団を振った演奏をDVDで視聴していますが、やはり生で目の前で聴く方がずっといいですね。

コンチェルトは予定されていたサーシャ・ロジェストヴェンスキーが急病で今回のツアーに不参加となり、チェコ人のパベル・シュポルツルがソリストでした。
代役というにはあまりにも失礼なほどの逸材で、本当に素晴らしい演奏でした。
どのように素晴らしいかというのは、筆舌に尽くし難いです。
あ、すみません、単に私の語彙がないだけです。
イメージ的には、アジア人や元西欧圏の人では聴かせてくれないだろうなあというエスプリと情感のこもった演奏でした。

ラトビア国立交響楽団というのは、団員の多くがギドン・クレーメルやミッシャ・マイスキーなどを輩出したエミルス・
ダルツィンス音楽学校で学んだそうで、統一感のとれた演奏技術でよく統率がとれており、統一感のある表現をするオケでした。
で。交響曲第4番は、まったく予習をせずに聴いたのですが、作品の素晴らしさと、西本さんの解釈とそれに応えるオケの演奏の素晴らしさで、まったく飽きることなく、最初から最後まで十分に堪能することができました。

時間の都合なのか、アンコールがなかったのが残念でした。
西本さんのブログを見ると、秋田の演奏会でアンコールがあったようなのですが・・・

ああ、それにしても、素晴らしい演奏会でした。
こんな地方にも来てくださった西本さんと団員の皆さん、そしてシュポルツルさんに感謝です。

鳩山政権は日米同盟を堅持せよ!2010/01/04 20:48

民主党の小沢幹事長が、参院選での単独過半数獲得に意欲を示したそうな。

社民党、国民新党と連立を組んだのを間違いとまでは言わないが、政策実行の足枷になっている場面がありましたからね。

特に普天間問題では明らかに社民党の存在がマイナスでしょう。

このままゴタゴタが続けば日米同盟が揺らぎ、北朝鮮や中国が調子に乗り、アジア情勢が混沌としてきますよ。

そうなれば国防に不安が出るばかりでなく、海外の投資家が日本から資金を引き揚げることになり、株価は不安定になり、経済状態の悪化まで招いてしまう危険がありますね。

その危険を回避するために民主党としては、単独過半数獲得を宣言することで暗に連立不要論をアピールして、社民、国民新両党の動きというか福島さんや亀井さんの発言を牽制したいのでしょう。

結果はどうなるかわかりませんけど、この動き、個人的には評価します。


佐野の第九2009/12/23 23:32

久しぶりに佐野の第九を聴いてきました。
4年ぶりぐらいですかね?


端的に言って、佐野の第九合唱団、腕を上げました。
今回はなかなかよく歌えてました。
声の出し方がずいぶん安定してきて、
ピッチ、声量、バランス、どれもしっかりしてたと思います。


ソリストはももちろんよかったですが、
特に、男性の2人がよかったですね。
音域によってピッチが多少甘いところがあったものの、
実にたっぷりと聴かせてくれました。


オケの群響はというと、いつになく熱演だったと思います。
かなり引き込まれる感じを受けました。
今日はヴァイオリン首席の秋葉さんは降り番らしく不在でしたが、
コントラバス首席の山崎さんがいらしてたので、
開演前、チューニングの確認にステージに出てきたときに、
客席からご挨拶ができました。


相変わらず山崎さんの演奏振りは素晴らしく、
いつも通り、終始、目を奪われました。
一緒に聴いていたうちの部員たちも同様に目を奪われて、
山崎さんファンになったようでした。

税率維持、評価したい2009/12/21 22:38

鳩山総理が、暫定税率について、
「衣替えして税率を維持する」との方針を打ち出しました。

民主党のマニフェストを変更する大きな決断です。

総理の理由説明に対して某民放TV局のニュースでは、
「単なる後付けで帳尻併せにすぎない」などとして批判していましたが、
私はそれでも構わないと思います。
臨機応変というか、状況判断がしっかりできた価値ある決断だと思いますね。

そもそも、国民は、民主党のマニフェストすべてに賛同しているわけではありません。
実行されないマニフェストがあるからと言って、そんなにがっかりしないですよ。
むしろ、この調子で「高速道路無料化」もやめてもらいたいところ。

とは言え、まだまだこの先の行方を見守りたいところでもありますね。